DieterRobbins / Pixabay

どうも、京都府向日市 リズム鍼灸院の湯村です。


腰痛のときにコルセットを使うのはとても効果があります。ただし、間違った使い方をしていると痛みが楽になるどころか、逆に悪くなってしまうことだってあります。そして、みんな案外間違った使い方をしています。


今回は、腰痛のときのコルセットの使い方を間違わないよう解説していきます。

※ここでいうコルセットは「腰痛バンド」も含めたものとして説明しています。


スポンサーリンク

コルセットは腰痛があるときだけ

grafixxkoeln / Pixabay

コルセットを使うのは痛みがあるときだけです。痛くなるのがイヤだからといってつけている人がいますが、腰痛がないときは使わないようにしましょう。コルセットは予防のために付けるものじゃありません。

コルセットは筋肉の代わりに腰を支える

コルセットの役目は、筋肉の代わりに腰を支えることです。コルセットをつけると、腰の筋肉に負担をかけることなく腰を支えることができます。だから、腰痛が楽になるんです。


でもコルセットをつけている間、腰の筋肉は力を使わずさぼっている状態になります。この状態が長い間続くと、腰の筋力が衰えてからだを支えることができなくなります。


そのため、腰痛が出ていないときはコルセットをつけてはダメです。あくまで痛いときに緊急的に使うものなんだと思っておいてください。

コルセットはお腹を締めるもの

次にコルセットをつける場所について解説します。コルセットはお腹を締めるために使うのものなので、お腹につけることになります。

これができていない人がすごく多いですね。なぜお腹を締めるのか?その理由をコルセットの役割から解説していきます。

コルセット役割はお腹を締めて腹圧を上げる

上でも言いましたが、コルセットはお腹を締めるために使います。よく勘違いするんですが、「コルセットは後ろで腰を支えているから楽になる」と思われています。逆です。

大事なのはお腹を締めている前の部分です。ここを締めることで腰が安定します。


腹圧


上の図は腹圧が腰に与える影響を表しています。左が腹圧の高い場合、右が腹圧の低い場合です。


腹圧が高いと、お腹からの圧と腰からの圧が腰の骨を挟み込んで、正しい姿勢をキープすることができます。後ろと前から支えているわけです。

腹圧が弱くなると、腰からの圧の方が強くなってしまい、後ろから前に向かって押される感じになります。これがひどくなると、反り腰やすべり症なんかになります。


これは腹筋が弱くなることが原因なので、本当なら腹筋を鍛えないといけません。でも腹筋が強くなるには時間がかかるし、筋トレをすることで腰痛を悪化させることもあります。これについては以下の記事にも書いています。


そこで腹圧を手っ取り早く上げてやるのに、コルセットを使うんです。

コルセットは肋骨と骨盤に当たらないように締める

コルセットはお腹を締めるものだと解説しました。もしここで上につけすぎたり、下につけすぎたりして、肋骨や骨盤にコルセットが当たったとします。

そうなると、コルセットを締めようとしても肋骨や骨盤に引っかかって締めつけが甘くなります。結果、腹圧は上がらず腰は安定しません。ただ何となくつけているだけになってしまいます。

こういう人がすごく多いんですよ。こうなると全く意味がありません。むしろ肋骨なんかはもろいですから、締めつけすぎて痛める場合だってあります。


なんでこんなことになるんでしょうか?

コルセットの使い方の説明不足

それは医師や治療家が患者にコルセットの使い方をちゃんと説明していないからです。


つけ方は教えますが、「なんでコルセットをつける必要があるのか?」「コルセットをつけるとどうして楽になるのか?」この説明が抜けているため、患者も理解しないまま自分の好きなようにコルセットをつけてしまっています。


コルセットのつけ方なんて、一回説明されたぐらいじゃすぐに忘れます。でも、ちゃんと意味を理解していれば記憶に定着しやすいため、間違えることも少なくなります。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、腰痛のときのコルセットの使い方を解説しました。ポイントは3つ。


  • コルセットは腰痛があるときだけ
  • コルセットはお腹を締めるもの
  • 肋骨と骨盤に当たらないように

以上の3つを守って使えば、腰痛にとても効果的です。逆にこれができていないとつける意味がなくなりますから。ぜひご参考に。


では、では。


スポンサーリンク


ただいま、WEB限定で初回治療費がおトクになっております。
この機会にぜひご利用くださいヾ(・∀・)ノ

ご新規様限定!初回費用がお特なキャンペーン実施中

定期的に更新通知を受け取るにはFeedlyが便利です。
Feedly購読者の数が増えると私も嬉しいので、登録お願いします。
follow us in feedly

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


人気ブログランキングへ